IPv4接続中 IPv6接続中
  1. TOP
  2. IPv6(IPoE)接続サービスとは
  3. IPv6とは
  4. ご利用開始までの流れ
  5. 対応機器一覧
  6. 注意事項
IPv4接続中 IPv6接続中

IPv6(IPoE)接続サービスとは?

  • IPv6(IPoE)接続サービスとは、日本ネットワークイネイブラー株式会社(JPNE)の「v6プラス」※1を用いた「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続方式」によるIPv6インターネット接続とIPv6ネットワーク上で実現するIPv4インターネット接続サービスの事で、DTIのプロバイダーサービスをご利用いただいているお客様に無料でご提供しております。※2

  • v6プラス ロゴ
IPv6のdreamtrain

今使っているインターネット接続と何が違うの?

  • IPv6(IPoE)接続サービスは、NTT東日本・西日本の次世代ネットワーク(NGN)を使用し、従来のフレッツ系インターネット接続方式「IPv4 PPPoE接続方式」ではなく、「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続方式」で接続するサービスです。
    IPv4 PPPoE接続方式は、別名「トンネル方式」とも呼ばれており、インターネットに接続する際、トンネルを通らなければなりません。しかし、このトンネル方式ではインターネットの利用と流れるデータ量が年々増えた事で、トンネルの出口にあるNGNとプロバイダーのネットワークの接点「網終端装置」へのアクセスが混み合い、速度が低下しやすくなってきました。

  • IPv4 PPPoE接続方式のイメージ
  • 一方、IPv6(IPoE)接続サービスで使用している「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続方式」では、IPv4 PPPoE方式で通らなければならなかったトンネルを通らずインターネットに接続しており、「網終端装置」を経由する必要がありません。これにより、混雑しやすいポイントを回避できるため、光回線ならではのより快適な通信環境が実現します。

  • IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続方式のイメージ

車と道路に例えると、従来のIPv4 PPPoE接続方式ではトンネルの中を走り、トンネルの出口で渋滞に巻き込まれてしまうので車本来が持つ性能を発揮できていませんでしたが、IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続方式ではトンネルの無い高速道路を走るので、トンネルの出口の渋滞がないため、車本来が持つ性能を発揮できるというイメージです。

IPv6(IPoE)接続にするとどうなるの?

  • IPv6(IPoE)接続サービスをご利用いただく事で、接続方式がIPv4 PPPoE接続方式からIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6 接続方式に変わります。接続方式が変わる事により、通信速度が遅くなる原因となっているPPPoEのトンネルや、NTT東日本・西日本が設置している網終端装置を通らなくてもよくなり、お客様のご利用中の回線が持つ本来の通信速度を引き出しやすくなることによって、快適にインターネットをご利用いただけるようになります。※3

  • IPv6(IPoE)は快適で安全

どうすればIPv6(IPoE)に接続できるの?

DTIでは、DTIのプロバイダーサービスをご利用いただいている方全てにIPv6(IPoE)接続サービスをご提供しています。※4お客様の現在の環境などによりお手続きの内容が異なりますので、どのような手続きが必要になるか下のボタンよりご確認ください。

  1. 「v6プラス」は日本ネットワークイネイブラー株式会社(JPNE)の登録商標です
  2. 別途対応機器が必要になる場合がございます
  3. IPv6(IPoE)接続サービスはお客様がご利用中のインターネット回線の最大速度をお約束するものではございません
  4. NTT フレッツ光、DTI光、DTI with ドコモ光以外の光回線を使用している場合はIPv6(IPoE)接続サービスがご利用いただけません
page top